交通費精算のための領収書をなくした

今日うちの夫が本当におっちょこちょいだなと思うようなことがありました。なんと仕事で出張先に行った時の往復分の交通費精算のための領収書を無くしてしまったらしいのです。なんとその金額は、約2万円分だと言いますから呆れてしまいました。幸いなことに高速代に関してはETCを使っているため履歴が残るのでなんとかなるらしいのですが、ガソリン代に関してはどうにもなりません。まぁ、自分のお小遣いが減るだけなのでいいのですが、勿体無い話です。そのこともあってか、今後出張の時は専用の会社のカードを持って行ってそれで支払いをするという形に変えて行くと言っていました。その方が間違いがないのでいいと思います。夫のドジのおかげで会社のシステムが改善されたのなら、それはそれでよかったのかもしれませんね。今度はカードを無くさないといいのですが。

交通費精算システムを有意義に使う方法とは

交通費は企業にとって負担する金額になるために、金額をなるべく少なくしたいものです。最近では多くの企業でスタッフを採用する時に交通費支給をするケースがあるために、スタッフによっては申込書に不正な金額を記入することが多く正しい金額を把握することで不正請求を防ぐことができます。交通費精算システムでは交通費を正しく知ることができ、出発地と目的地の情報を入力するだけで普通運賃や定期代などあらゆる費用を把握できます。交通費は内容を正しく理解することで不正請求を防げることが特徴で、交通費精算システムを導入する方法が増えています。企業にとって支出になる金額を減らすことで経費を削減でき、経営を改善することができます。交通費精算システムを有意義に使う方法は移動にかかる金額を正しく把握し、請求した金額が正しい金額であるかを判断することや交通費を安くする方法を知ることです。

外出等の交通費精算について

会社勤めをしているとどうしても外出や出張などの交通費精算が付きまといます。精算方法も企業によって様々だと思いますが、どの方法も面倒だと思います。バスや電車など公共の乗り物は領収証が出ないもので出金伝票に記載して直接お金をもらう場合もあったし、外資系の会社で英語記載の書類で出し数か月後に給与と一緒に振り込まれたこともあります。自家用車の交通費精算は走ったキロ数分×1キロ〇〇円で計算し、1ヶ月で提出して給料日に支払ということもあったりと本当に様々な方法がありました。外資系の書類の時、提出しても戻されたりととにかく時間がかかって面倒になって提出しない時もあったり、面倒だから元々出すつもりも無いという人もいました。数百円でも支払った分は貰わないと損ですし、タダ働きしたような気分になるので、出来るだけ精算しますが、外出が増えるともう少し簡単で楽になる方法は無いものかと考えてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*