交通費精算のできる会社

いま勤めている会社では定期代のほかに定期代以外に発生した交通費精算については、その発生した月内での精算が可能です。今年の4月からは増税にともない、電車賃やバス代など全国各地での料金改定が行われました。その際、社内での精算方法についても同じ区間乗車しても現金支払いとICカード(suica等)を使用した場合での利用料金の違いが発生してしまい、どちらを基準をするかを決め、社内通知を行い、スムーズに切り替えることができました。電車代やバス代についてもどの時点から増税分を切り替えてくるかが不透明でしたが、きちんと事実を確認することで事前に対応することができました。交通費といっても前述のほかに高速代やタクシー代などさまざまなものがありますが、きちんと会社の規定内であれば会社の費用として認められ精算することができます。

交通費精算に必要なもの

会社で経費を計上する上で、もっとも身近なものと言えば、交通費精算だと思います。これは、ただ外出した時の行き帰りの交通費のことだけを指すわけではなく、入社して最初に家から会社までの往復の定期代や車のガソリン代を申請することも同じです。営業や事務員という職種に関わらず、誰でも必ず一度は経験がある経費精算です。多くの会社では、交通費の精算に必要なものは定期であれば定期券のコピーと領収書、タクシーであればタクシーの領収書など、何はともあれ領収書の提出を求められます。そのため、社会人になりたての人やこういった交通費支給のある会社に入ったことがない人でも、とりあえず領収書をもらっておけば申告漏れをしたとしてもあとから取り返しがつく可能性が高いです。こうしたことを知った上で、漏れのないように精算することが大切です。

会社での交通費精算には領収書を添付する

会社の出張で長距離移動をした場合、出張後の交通費精算で領収書を提出することが一般的です。近隣の特急料金のかからない電車やバス移動の分までは必要ないですが、新幹線や飛行機、高速バスなどの場合は特急券や指定席分も料金がかかりますので、その分を明確に提示するためにも領収書は必要です。また、タクシー利用の場合も必要な場合もあります。会社によっては一定の料金までは申告料金だけでいい所もあるようですが、習慣として常に下車の際は運転手さんに発行してもらうようにするのが良いです。日々あちこちを飛び回る営業マンの方の場合、例えば1週間分の交通費清算をまとめて行う場合もあります。慣れないうちはどの日にどの交通を使ったかの記憶が曖昧になりがちですので、それを防ぐために交通機関を利用する毎にまめに手帳に行き先と金額をメモしておくと後で整理しやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*