会社における交通費精算の違いと損得を理解すること

交通費の申請に関しては、基本経理が担当します。その場合に従業員はどこに行ってどの路線を使ったかなどを記憶していなければなりません。現在では、ICカードにどの駅の改札をくぐったかの詳細が細かくでますが、昔ながらの領収書を発行して交通費申請に際して領収書を貼るなど、まだICカードによる路線チェックが出来ないケースもある。速やかに交通費を申請することが出来ればいいが、やはりすぐに申請出来ないケースも多々ある。そういった場合は自分が混乱しないように、予め次の日の予定を予測しながらスマホのメモ欄などにメモをして間違えて申請しないようにすることが自分にとっても会社にとっても重要です。会社によって期限は様々だと思いますが、タイミングを逃してしまうとその積み重ねが後々大きくなってしまいます。たかが交通費精算されど交通費精算と思い、申請も仕事の一部と考えて行動することで、仕事の能率まで上がると思います。

交通費精算は早く返してほしい

交通費精算は近距離ならそこまで思う事もないです。でも、遠くまで行く出張とかになると、すごく費用がかかってしまいます。なので、そういうの交通費ははやく返して欲しいと思う所です。場合によっては、先に金額が支給されるところもあるみたいですが、それは稀だと思います。なので、新幹線などを使うものは、それだけでも会社からチケットの負担はあってもいいとは思います。先に渡してもらえるのなら、指定席にする費用だけ後から支給ということもできますね。とりあえず、こういう清算は早目がいいですが、どうしても遅くなってしまう傾向にあるなと思います。その辺は仕方ないですが、締めの関係をもっと短くする事によって、返金も早くなっていくとは思います。一ヶ月待つのではなくて、半月で締めていくと、そういう処理も早くなっていくんではないでしょうか。

営業職にとっては毎月煩わしい交通費精算

外出で電車移動の多い営業職の方ですと、毎月月末月初は各書類手続きに追われてる中で交通費等の経費申請もしなければいけません。私が現在勤めている会社も、100人以上の営業が在籍する会社です。仕事中の移動にかかる経費はだいたい少なくても2万円台半ばから、多いときは5万円台でしょうか。繁忙期はかなり細かく移動を重ねるため、正直なところ経費申請は相当面倒です。以前勤めていた会社では、移動日ごとに手書きの書類を提出しなければいけなかったので、なんて効率の悪いことをさせるんだ、と腹が立ったものです。その時間を営業時間に充てた方がよっぽど会社のためになります。その点で言うと、今の会社はすべてシステム上で交通費精算ができるのでだいぶラクになりました。特に煩わしい電車やバスの移動費自体の計算を、P電子定期などのICカードを機械にかざすだけで読み込んでくれるのが嬉しいですね。唯一不満なのは、読み込みが直近から20件分までしかできないところでしょうか。一ヶ月分を一気にできたらもっといいなと思いながらも、以前に比べれば贅沢は言えないと思って働いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*